iPhone6s/6s Plus 注目の新機能!3D Touchを使ってみました

ガジェット

2015.10.09(Fri)

こんにちは、営業の鳴嶋です!

先日新しいiPhone、6Sと6S Plusが発売になりましたね!
わたしは今回買い換えのタイミングだったので、発売日翌日にちゃっかりゲットしてきました。

今回様々な新機能が追加されていますが、その中でも注目の「3D Touch」について、実際に一週間使ってみて感じたポイントをご紹介したいと思います。

まずはじめに「3D Touch」とは?

今回発売された新機種の目玉機能、「3D Touch」を簡単に紹介したいと思います。
iPhone 6sでは、iPhoneを操作するためのまったく新しい方法を生み出しました。
あなたがディスプレイに加えた圧力の大きさを、iPhoneが初めて感知するようになったのです。
タップ、スワイプ、ピンチといったおなじみのMulti-Touchジェスチャーに加えて、3D TouchではPeekとPopが登場。これによりiPhoneの体験に新しい次元の機能性がもたらされます。
3D Touchを使うとiPhoneが微かなタップを返してくるので、プレスによってできることを目で見るだけでなく、感じることができます。
Apple公式サイトより)
画面を強く押すとショートカットメニューが表示されたり、選択した項目がポップアップしたりする機能です。
これまでのタッチ操作は画面に「触れる」「なぞる」という平面上の操作でしたが、今回の3D Touchは深く押しこむような操作感です。

私も購入してすぐにこの新機能を試してみました。最初は深く押したつもりがロングタップと認識されてしまったり、多少操作に戸惑いを覚えましたが、ぐっと押し込む感覚をマスターさえしてしまえば、3D Touchの操作は誰でもすぐ使いこなせるはずです。 

では、3D Touchではどんなことができるのか?どう便利なのか?はたまた不便なのか?
実際に一週間使ってみて感じたポイントをご紹介します。

「3D Touch」を使ってみて感じたポイント

ホーム画面から素早く電話をかけられる!

ホーム画面上のアイコンを深く押すと「クイックアクション」が起動します。
例えば「電話」を押すと「よく使う項目」に設定した電話番号や、よく電話をかける人が表示され、それを選択するだけで発信できます。
「カメラ」を深く押すと「セルフィーを撮る」「ビデオ撮影」などのメニューが表示されます。

つまり、目的の操作が素早く行えるわけです。
ちなみに、この機能に対応していないアプリのアイコンを押すと、ブルルと短く振動して非対応であることがわかるようになっています。

メールをチラ見できる!

3D Touchの主となる操作が「Peek & Pop」です。
Peekは「覗く」という意味です。たとえば、受信ボックスにあるメールを押すと、そのメールの一部が表示されて、メールを開かずとも覗き見ることができます。さらに押すと「Pop(開く)」でメールが表示されるという仕組み。これがとっても便利なのです!

未読メールがたくさんあっても、メールの内容をチラ見することができるので、大事なメールを素早く探すことができます。 覗き見の状態から上下左右にスワイプすることで、「返信」「転送」「開封済み」「ゴミ箱へ移動」「返信」「転送」などのメニューが表示されます。

リンク先やカレンダーもチラ見できる!

「メッセージ」アプリでも、「メール」アプリと同じようにチラ見ができます。
メッセージにURLがあった場合は、それを押すとそのWebページがポップアップで表示されます。写真がある場合は拡大表示され、保存することも可能です。

日時表示を押すとカレンダー画面が表示されます。
つまり、青色のリンク表示があれば、それを押すだけでアプリを切り替えることなく、情報を確認できるという仕組みです。 Safariでネットサーフィンをするときにも重宝すること間違いなしです!

文字修正が楽チン!

メールを頻繁に使用するユーザーに重宝しそうなのが、キーボードをトラックパッドのように使える機能です。
テンキーやQWERTYキーでも、キーボードの部分を深く押すとキーの文字が消え、なぞることでカーソルが動かせる状態になります。

文字を修正する際、これまでは“間違った部分の後ろをタップして、カーソルを表示させてから動かす”という面倒な作業が発生していましたが、これからはキーボード部分の操作だけで、簡単に修正することができます。

手書きメモが書けます!

iOS 9から「メモ」アプリの機能がぐぐんと拡張されました。
手書きのメモが書けたり、写真を貼れたり、チェックリストを付加できたり...。

iPhone6S/6S Plusでは手書きの際に筆圧を感知して濃淡も表現できます。

まとめ

3D Touchは、なくても困らないけど、あると便利な機能という印象です。 フリクション入力のように、慣れてしまえば手放せなくなるかもしれません。

まだ対応アプリは限定的ですが、深く押す操作を直感的に使いこなすことで、さまざまなアプリを楽しめるようになることでしょう。押す深さを変えることで遊べるゲームも増えてきそうですね。

というわけで、iPhone6S/6S Plusの購入を迷っているあなた!
まずは新しい操作感をいち早く体感しに店頭へ急ぎましょう!