観光地・ランドマークの画像収集テクニックと注意点。

Webデザイン Webその他

2016.07.28(Thu)

こんにちは。Webディレクターの千賀です。

わたしは普段、旅行や観光キャンペーン関連のWebサイト制作に携わることが多いです。
サイト制作のキーとなるのは、その場所に行ってみたい!と思わせる、美しく印象的な画像選び。

今回はそんな、観光地やランドマークの画像についてお話しさせていただきます。

観光協会サイトの画像ライブラリに頼るべし

senga_001.png

「観光」+「画像ライブラリ」で検索するだけで、これだけのサイトが見つかります。
画像を使用するには、各サイトからメールやFAXで使用許諾を取ります。画像の使用ルールやクレジット表記はサイトによって異なりますので、利用規約をよく読みましょう。
たいていは地域の自治体が運営しているので、平日のみ・夕方くらいまでの対応となり、レスポンスは遅いことが多いので、早めの許諾申請を心がけましょう。1~7営業日程度見積っておけば◎

寺社仏閣の画像を使う際は許諾に注意すべし

有名観光地に行った際、写真撮影がOKであれば、撮りまくりますよね?
しかし、撮影OK=撮った写真を自由に掲載してOKではないことをご存じでしょうか?商用利用する場合は特に、撮影者に対する使用許諾とは別に、その場所の所有者に対して許可を取らなければならないケースが、寺社仏閣などでは多いです。
前述の利用規約の熟読に合わせて、観光地への確認も怠らないようにしてください。

その他画像の著作権に関しては、弊社Webデザイナー櫻井のコラムを参考にしてみてくださいね! https://www.wan55.co.jp/column/detail/id=304

旅行好きな友人をノリノリにしよう☆

「へー!夏休みにヨーロッパ行くんだ~!?え?おみやげ???
そんなのいらないよおおぉ。気を遣わないでえええぇ。
フランスのモン・サン=ミシェルとか、ドイツのノイシュバンシュタイン城とか、
ヨーロッパって見どころ満載だよねぇ。
へー!あの有名観光スポット行くんだぁ!じゃあさぁ~…

イイカンジの写真撮ってきてくんない???

○○さんって写真上手だし!センス良いし!そのまんま写真素材にできると思うんだ!マジ売れるレベル。
できるだけ引き画で、高画質で、極力人が写らないように、ばっちり構図をキメて撮ってきてほしいな♪」

上記、完コピして友人にメールしていただければ、有名画像サイトに匹敵する画像ライブラリがあなたのものになります。

まとめ

お盆休みに国内外へ旅行に行かれる方も多いと思いますが、撮影した写真をWebサイトやSNSにアップする際などは、前述の許諾問題のことを思い出していただけると幸いです!