ロゴを自由にカスタマイズ、拡散できるプロモーション

ライフハック Webサービス

2017.03.03(Fri)

こんにちは、システム部の平井です。
2月24日(金)から『プレミアムフライデー』が実施されましたね。
僕にはその風が全く吹いてこないようです。
皆様はいかがお過ごしでしたか?

『プレミアムフライデー』のプロモーションサイトを見ると、ブランド化・認知度向上を目的とした利用のためであれば、申請制ではあるものの、公式な「ロゴマーク」を使用して良いとの記載がありました。

プレミアムフライデー ロゴマーク使用申請

プレミアムフライデー ロゴマーク使用申請

プレミアムフライデー ロゴマーク使用申請

商品やイベント、キャンペーンに合わせてロゴを自由にカスタマイズしても良いそうなので、

  • お花見の時期には桜吹雪のロゴ
  • 5月には鯉のぼりとロゴ

ちょっと飛んで

  • ハロウィンの時期は魔女に扮したロゴ
  • クリスマスの時期はサンタに扮したロゴ

など、様々なシーンに合わせて利用されることでしょう。

普段、僕たちが扱う「ロゴマーク」とは、「あれダメこれダメ」「余白は確保」とか、様々な制約の中で使用するものだと感じているので、こういったロゴを拡散することで実施されるプロモーション、太っ腹で僕は大好きです!
そこで、他にどんなものがあるのか調べてみました。

& TOKYO|東京公式ブランドサイト「& TOKYO 画像投稿キャンペーン」

&ToOKYO

&ToOKYO

& TOKYO 画像投稿キャンペーン

「&」が表しているものは、東京がつくりだすたくさんの「つながり」を意味しているそうです。
本キャンペーンでは、「&」の前に「東京の魅力を語るモノやコトの名前」を自由に置いて1つの言葉をつくり、その言葉とともに写真を組み合わせて投稿することで、世界に東京ブランドを発信していこう!というもの。
キャンペーンページを下にスクロールしていくと、サイト上で合成するか、ロゴをダウンロードするかを選べます。
東京のブランドは…このキャンペーンに参加した皆さんの手にかかっているかも!

「キュンとするまち。藤沢」ロゴマーク

「キュンとするまち。藤沢」ロゴマーク

「キュンとするまち。藤沢」ロゴマーク

海だけでなく、自然や食、子育てや介護などなど、胸を打つ魅力にあふれる藤沢市。
その誇りや愛着を⾼め、藤沢市の魅⼒をより効果的に市内外へPRするために、ロゴマーク(愛称キュンマーク)が無料で使用できるようになっています。

基本ロゴマークは8種類のカラーバリーションがあり、カラーごとに意味があります。
指定マニュアルに従えば、さらにバリエーション数を増やすことができるので、様々なシーンで「キュンとするまち・藤沢」をアピールできますね!
これだけのバリエーションがあると、ロゴに対する愛着が自然と湧いてくる気がします。

品川区シティプロモーション「わ!しながわ」

品川区シティプロモーション「わ!しながわ」

わ!しながわ

「わ!」と驚く品川の素顔を、「わ!しながわ」を合い言葉に全国に発信していく企画。
「わ!しながわ」の後に続く言葉を自由に考えて良いそうです。
例えば、「わ!しながわ」というロゴを自由に使って

わ!しながわ ロゴ

わ!しながわ 子供の笑顔があふれてる!

のような形で品川の魅力を表現できます。
さらに「わ わ・わ・わ・わ わ!しながわ」というサウンドアニメーションロゴが用意されているので品川区のプロモーション動画を流す際は利用できそうですね、驚きです。
ロゴの工夫も去ることながらWEBサイトの企画も気になってしょうがないです。
何ごとにも動じない不動麗子は、品川の魅力に触れ「わ!しながわ」と驚くことができるのでしょうか!!!?

まとめ

探してみると、官民連携事業やシティプロモーションとして、ロゴの利用が広く認められているケースが多いようですね。
認知の向上やブランド力の強化を狙った活用がなされているようです。
「ロゴを自由に使って良いですよ!」というプロモーションを見つけたら、太っ腹企画にのっかって、ぜひアナタの画期的なアイデイアで拡散しちゃってください!