新幹線はチケットレスで乗るのが今ドキ?!

ライフハック Webサービス

2018.05.18(Fri)

こんにちは。旅行好き&鉄道好きディレクターの立原です。

ゴールデンウィーク…あっという間に過ぎてしまいましたが、皆さんはいかがでしたか?私は前半は愛知県方面へ、後半は近場で過ごしました。意外と皆さんピークをずらして行動されていたためか、行き帰りに大混雑に巻き込まれることもなく、楽しく過ごすことができました。

飛行機はチケットレスで乗れるけど、新幹線は?

最近では飛行機だとWebサイトで予約してあとはそのまま空港に直行→チケットレスで搭乗できますが、鉄道だと…オンラインで予約できても、駅でのきっぷ受け取りが必要で、しかもJR東日本のWebサイトで予約したきっぷは大阪や名古屋で受け取りができないという盲点もあり、気がついたときには後の祭り…なんてこともあります。

スマートEX_Webサイトイメージ

そんな意外と不便な鉄道Web予約ですが、東海道・山陽新幹線では2017年9月末からスマートEXというチケットレスサービスを開始しました。
これは以前からあるエクスプレス予約という専用のクレジットカードの入会(年会費1,080円)必須のサービスを、年会費を無料にして手持ちの交通ICカード+手持ちのクレジットカード登録で手軽に利用できるようにしたものです。
これなら駅でのきっぷ受け取りが不要で、SuicaやICOCAなどの交通系ICカード(Apple PayのSuicaもOK)を自動改札機にタッチするだけで新幹線に乗車することができます。

実際に登録してみましたが、とても簡単です。Webサイトからメールアドレスなどの個人情報と交通系ICカードのカード番号、決済に使用するクレジットカードの登録でOKです。
利用も簡単!Webサイトから乗車したい新幹線を予約して、登録したICカードを新幹線駅の自動改札にタッチすると「EXご利用票」という控えが出てきます。あとはそれを受け取って新幹線に乗ったら、控えに記載された座席に座るだけです。

交通系ICカード番号の表示位置(赤枠内)赤枠の中の番号がカード番号

EXご利用票EXご利用票

スマートEXの便利なところはチケットレスで新幹線に乗車できるだけではありません。改札に入る前で且つ発車4分前までならWebサイトで何度も変更が可能なんですね。しかも無料!

実は私、以前から年会費のかかるエクスプレス予約を利用しているのですが、予約方法や乗車方法など使い勝手はほとんど一緒です。でも、年会費がかかる代わりに、料金が安くなるんですね。東京-新大阪の往復をすれば1,080円の年会費の元が取れてしまいますので、年に数回確実に東海道新幹線を利用する方なら入っていてソンは無いですよ(まるでJR東海の回し者w)。

東北・上越・北陸新幹線でも

タッチでGo 新幹線_Webサイトイメージ

ちなみに、東北・上越・北陸新幹線でも似たサービスタッチでGo!新幹線がこの4月から始まっています。ただ、こちらは利用できる範囲が関東エリアに限られること、自由席のみであること、決済はICカードのチャージから引かれるということ(料金分のチャージが事前に必須)、交通系ICの登録が駅の特定の券売機でしかできない…という欠点があり、便利に使える方が限られるように思います。
JR東日本もその辺は気づいているようでして、2020年初旬には指定席も利用できるよう検討しているようです。

まとめ

まるでJR東海・西日本の回し者のようになってしまいましたが(笑)、新幹線もゆっくりではありますが、着実に便利になってきています。これから来る夏の行楽シーズンは、Webサイトから予約してチケットレスで気軽にお出かけしてみてはいかがでしょうか?