自称人見知りのディレクターがタリーズで思い出して書いた、打ち合わせの緊張感を打開する秘策「アイスブレイク」

  • ライフハック

2019年9月某日。

「今日も打ち合わせだったなー、暑かったなー、アイス食べたいなー」と思いつつ、タリーズでドラクエウォークを行っていたときに届いた、WAN55コラムの依頼。
「えー、めんどくさいー」「書くのいやー」「ゲームして遊んでたいー」「これってサービス残業じゃんー」「ぶーぶー」という心の声たちにお仕置きをして、「じゃー、何でもいいなら書きますねー」と請け負ったのですが、、、

「あ、、、特に書くことがない・・・」

雰囲気だけでディレクターしているので、
特にWebやシステムについて語る知識もトピックもなく、
ましてや、円滑な進行管理のツールやテクニックなどもなく、
知らない人と話すのも苦手な内気(シャイ)な僕にはネタがない。

あー、これは困った。何を話せばいいんだろう。

思えば、こんな状況は、ときにクライアントとの打ち合わせの場でもやってくる。
会議室に入って座っただけなのに、なぜか、担当者が期待に満ちた目でこちらを見ている。
え?今日の議題、お客さん担当なのに?何か言うの、いま?
全身から冷や汗が出る。水を飲みたい。隣のメンバー(敵は身近にいる)が目線を合わせない。
さあ、緊急事態だ。

しかし、無駄にディレクター経験が長くあるので、そんな緊急事態を切り抜けてきた歴戦の営業マンたちの勇姿を、僕は知っている。
そう、彼らこそ、人見知りの僕が憧れる「アイスブレイカー」だ!!!

彼らが繰り広げてきたアイスブレイクの要点、略して「ブレイクポイント」(誤用)のいくつかを、今日はお茶を濁す覚悟で紹介したい。
ブレイクぅぅぅぅーーーーー!!!

ブレーカー列伝 その1:「今日はいい天気ですね」

人間、生きている限り、残念ながらその日の天気はある。
あのアレクサンドロス大王も遠征の帰り道の空を見上げ、ある日、こうつぶやいたかもしれない。
『天気を知らない人間は、この世に生まれていない人間だけである。』

繰り返される打ち合わせの場において最強の言葉。
それには歴戦の勇者である大王も思わず、こう返すだろう。
「そうですね。でも、今週末は雨になるみたいですよ。」

会話成立!!

ブレーカー列伝 その2:「最近、お忙しいんですか?」

人間、生きている限り、残念ながら日々疲れは溜まる。
あのニーチェも考えた後には、きっと疲れたりしたはずだ。
もう、考え疲れたときは、ため息さえもついたかもしてない。
『人間は考える葦であるけど、たまには寝たい。』

ひさびさに会ったクライアントに放つ、会心の一撃。
それには寝る間も惜しんで考え続けていた思想家も思わず、こう返すだろう。
「いえいえ、皆さんほどではないですよ。」

会話成立!!

ブレーカー列伝 その3:「御社、いつおやすみですか?」

人間、生きている限り、残念ながら休みは発生する。
あの発明王エジソンでさえ、発明の合間に休みを取っていたはずだ。休みが取れない期間には、ひらめきさえも限界を迎えたかもしれない。
『どんな天才でも、週2か週3くらいの休みは欲しい。』

夏と冬だけではない、ゴールデン&シルバーウィークに、満を持して送り出す美しすぎる旋律。
それには天才の名を欲しいままにしてきた発明王も思わず、こう返すだろう。
「うちはスタッフがそれぞれ休みを取るんです。御社は決まってます?」

会話成立!!

おわり

おっと、もうこんな文字数か。
宴もたけなわではありますが、今日はこの辺で。
ではでは。

執筆者:もふお