社員インタビュー

ワンゴジュウゴには、さまざまな個性や強みを持った社員が集まっています。
入社の理由や各職種の仕事内容、一日のスケジュールなど、現場へのリアルなインタビューをご紹介します。

No.1 | デジタルコミュニケーション(DC)部 営業 2017年度 中途入社

ワンゴジュウゴに入社した理由は?

僕は中途入社で、2年半ほど前に入社しました。前職はホームページやランディングページの営業です。ワンゴジュウゴは直感で決めました。今いる会社より、なんだかのびのびできそうだな!と。給料や休日はどうなっているかももちろん調べましたけど、それよりも「直感」でした。入社してから、その直感は間違ってなかったと思っています。

ワンゴジュウゴの魅力は?

雰囲気の良さです。基本的には、仕事を任せてくれますし。上司にはミーティングで案件ごとの報告はしますが、任せてくれることが多いですね。表彰制度もあって、いい仕事は褒めてもらえるのも面白いかなと思います。制作だけでなく、営業も表彰されます。あの部署でこんないい仕事をしていたんだ!と思って、会社を知る機会にもなっています。

現在どんな仕事をしていますか?

主に、営業と人材の仕事になります。人材の仕事は最近、始めました。営業の仕事では、案件獲得のために定期的にクライアントを訪問しています。また、クライアントから「相談したい」という連絡をもらったら、どんな案件でどんな費用感なのかを確認・調整して、受注に結びつけていきます。あとは制作のディレクターにお任せします。初めにスタッフときちんと打ち合わせておけば、仕上がりがずれることはあまりありません。人材の仕事は、クライアントからのオーダーに答える形で行なっています。例えば、「新規サイトを作ったんだけど、社内に回せる人がいないので、派遣で専門の人が欲しい」とか、そういうケースです。あくまでクライアントの満足のために仕事をするのが、営業です。

どんな時にやりがいを感じますか?

いちばん嬉しいのは、クライアントからの受注が決まった時です。さ、正式に仕事が始まるぞ!と。クライアントの人と初めは気を遣いながらビジネスのお付き合いを始めますが、だんだん打ち解けていって、本音を話してくれることがあるんです。その時にも、やりがいをすごく感じます。そのためには、会ったり、電話をしたりがとても大事ですね。メールだけでは本当のことは伝わらないと僕は思います。

仕事をする上で、大切にしていることは?

チームワークです。基本的に制作に入ったら制作の人にまかせっきりになります。しかし、まかせっきりと言っても、様子を伺うためにこまめに声をかけたりとか、制作側の人とクライアント側の人の、そのやり取りを見ていて、実際に話を聞いてみたら意外と制作陣が困っていたということもあったりします。チームを大事にすることも営業の仕事だと思います。

入社後、いちばん印象に残っているエピソードは?

最初に受注した仕事ですね。内容としてはたいしたものではなかったのですが、印象に残っています。クライアントにライティングができる会社を紹介した案件でした。入社すぐだったので、そういう会社があることもまったくわからず、右往左往していたら、上司がいろいろ手伝ってくれて。うまくいった時は、嬉しかったです。

どんなキャリアを積んでいきたいですか?

営業、兼、ディレクターです。短期的にはそう考えています。今は制作のフェーズが始まると、ディレクターが仕切りますが、一気通貫してやりたい、そのほうが面白いんじゃないかという感覚はあります。そのためには磨かなくてはいけないスキルもあるでしょう。実際、社内には、営業とディレクターを兼ねている人もいて、目標になります。

一日のスケジュールは?

午前中:メール対応(平均20〜30くらいのメールに目を通す)
午後:営業活動(クライアントに行ったり、社内外の会議があったり)
夕方以降:デスク業務(見積書や提案書を作ったり)
19時〜20時には帰ります。

最後に一言、お願いします!

ワンゴジュウゴには、自由にやらせてくれる風土あります! 

――定期的にさまざまな社員を紹介していきます。楽しみにしていてください!