社員インタビュー 営業②

ワンゴジュウゴには、さまざまな個性や強みを持った社員が集まっています。
入社の理由や各職種の仕事内容、一日のスケジュールなど、現場へのリアルなインタビューをご紹介します。

No.2 | デジタルコミュニケーション(DC)部 営業 2017年度 中途入社

ワンゴジュウゴに入社した理由は?

前職は、人材会社でした。もう15年くらい勤めていたので、少しマンネリにもなっていました。
そんな時、スカウト会社から声がかかり、「ワンゴジュウゴという会社がありますがどうですか」と言われました。実は、ワンゴジュウゴを知らなかったのですが、とにかく社長に会えるというので会いました。そうしたら、社長の話が面白くて興味を持ち、転職を決断しました。

ワンゴジュウゴの魅力は?

自由さですね。自分の裁量で動ける。制限はあまりないです。「やってみればいいじゃん」という雰囲気はあります。

現在どんな仕事をしていますか?

人材サービス担当として、人材派遣業務を主に扱っています。今は、40名ほどの常駐スタッフのマネジメントと新規クライアントからのオーダーに応えています。クライアントからのオーダーで、適材適所の人材を選び、常駐させていただいています。40名の人間の、心と体の健康をよく知ることが仕事とも言えますね。常にスタッフとクライアントへのケアを怠らないようにしています。

どんな時にやりがいを感じますか?

たくさんのニーズをクライアントからいただいて、試行錯誤しながらも、新しいチャレンジができた時でしょうか。例えば、5名まとめて新たに常駐して欲しいという「チーム常駐」のニーズがありました。今までワンゴジュウゴではあまり扱って来なかった案件ですので、いろいろなアプローチで人材を調べ、チームを作る必要がありました。また、今は人材がマーケットに不足しているので、知恵も必要でした。大変でしたが、クライアントの期待に応えるチームを作ることができた時は、新しいことを成し遂げた!というやりがいを感じましたね。

仕事をする上で、大切にしていることは?

マイナスの意味ではなく、「楽して稼ぐにはどうしたらいいか」を大切にしています。がむしゃらになって行動すれば結果が出るとはあまり考えていません。頭のなかでいろいろなシミュレーションをして、どうしたら効率よく最短で目的にたどり着くかを考えます。その道筋が見えてきてから、行動をしていきます。

入社後、いちばん印象に残っているエピソードは?

タイムカードですね(笑)。入社したら、出退勤の管理がタイムカードでした。デジタル制作の会社なのに、と思いました。入社当時は人事採用の仕事をしていましたので、社長にペーパーレスにした方がいいのではとお願いしました。でも、決断は早かったです。今は、タイムカードではなくシステムで運用されています。

どんなキャリアを積んでいきたいですか?

まず、やりたいことを優先に考えたいと感じています。もっと人材採用を充実させたい、もっと会社の仕組みを変えたい、もっと自由に動きたい。そのやりたいことを実現するために、ポジションを上げた方がよければ、頑張る。権限の大きさが必要であれば、キャリアアップの努力をする。そういうふうに思っています。人生のキャリアとしては、喫茶店を開いて、店長さんに任せて、自分はそこで美味しいコーヒーを飲んでゆっくりすることを考えています(笑)。

一日のスケジュールは?

午前中から、クライアントを訪問することが多いですね。そうでない場合は、メールをチェックして、発生している問題を整理しておきます。昼食は場所も時間も自由にとっています。午後は外出が多くなります。外出中に新しいアポを取って、クライアントに行くこともあります。常駐スタッフと会って話すことも多いです。夕方からは、企画書を書く案件があれば書きますし、いろいろです。

最後に一言、お願いします!

好きなことをやれる、自分がやりたいことをやれる会社に入って欲しい。会社が大きい小さいじゃなくて、その会社を自分の力で大きく出来るかどうかを考えて欲しいですね。

――定期的にさまざまな社員を紹介していきます。楽しみにしていてください!