• WAN55
  • セミナー
  • 【無料セミナー】ダイハツ工業「企業情報サイト」リニューアルプロジェクトの裏側 ~プロジェクト計画の立案から実行、その...

【無料セミナー】ダイハツ工業「企業情報サイト」リニューアルプロジェクトの裏側 ~プロジェクト計画の立案から実行、その成果まで徹底解説~を開催しました!

11月11日、ゲートシティ大崎にてビッグローブ社主催のCMSセミナーが開催されました。
100名近くの多くの方にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。
今回はセミナー当日の様子をご紹介いたします。

201612290109_1.jpg
当日の会場内の様子です。 寒い中たくさんの方にご来場いただきました。

第1部 『ダイハツ「企業情報サイト」リニューアルプロジェクトの成果』
スピーカー:ダイハツ工業株式会社 広報・渉外室 小林 宏至 氏

ダイハツ工業株式会社 小林様

第1部はダイハツ工業株式会社の小林氏より、リニューアルの目的やリニューアル時の体制などをご説明いただきました。

最初に企業情報サイトの目的についてお話しいただきました。
『サイトに訪問した人に、必要な情報を「素早く」「簡潔に」「正確に」伝えること』というものがリニューアル後の企業情報サイトに対する目的でした。

そしてダイハツ工業の歴史などをご紹介いただきながら、現在までに運営されてきたWEBサイトの変遷についてもご説明いただきました。
元々商品情報サイトと企業情報サイトが同一のドメイン内にありましたが、今回のリニューアルでは商品情報サイトと企業情報サイトを分離し、スマートフォンにも対応しました。

さらにリニューアル時の体制についても、人員が少なく、リニューアルプロジェクトに対する追加予算もないという限られたリソースだったというご説明をいただき、なかなかお聞きすることのできない舞台裏もお話しいただきました。

第2部 『現場のプロが語る、リニューアルプロジェクトの正しい考え方・進め方』
スピーカー:ビッグローブ株式会社 法人サービス事業部 Webディレクター 小山 悟氏
株式会社ワンゴジュウゴ CMS事業部 マネージャー 石井 裕將

第2部はビッグローブ株式会社の小山氏と弊社の石井より、リニューアルプロジェクト時の実際の制作現場についてお話しいたしました。

ビッグローブ株式会社 小山様

第2部は、今回のリニューアルを担当したビッグローブ株式会社の小山氏と弊社の石井より、プロジェクトの具体的な進め方や成果物についてお話しいたしました。

まず、プロジェクト全体管理とクラウドCMS環境の構築を担当したビッグローブ株式会社の小山氏より、プロジェクトのスケジュールと体制、ダイハツ工業様を含めた役割の分担についてお話しいただきました。

また、前提条件や互いに使用する言葉の意味や定義の明確化などについては、お客様とのコミュニケーションにおけるギャップを早期に解消するなど、4カ月という短期間でプロジェクトを遅延なく進行させるために留意した点についてもご説明いただき、実際の進め方や各工程の作業内容、アウトプットについても具体的にご紹介いただきました。

株式会社ワンゴジュウゴ マネージャー石井

次に、サイト制作・CMS構築を担当した弊社の石井より、今回のプロジェクトの情報設計からテンプレート作成までの各工程の作業内容とアウトプットについて、ダイハツ工業様から特別に許可をいただき、実際のドキュメントや今回採用されたCMS WebRelease 2の管理画面の一部をご覧いただきながらご説明しました。

情報設計をもとにテンプレートを作成する際、ページ数や更新頻度を見極め、特定のページを作成するため入力項目が固定された「専用テンプレート」と、それら以外の様々なページを部品を自由に選択しながら作成する「汎用テンプレート」の大きく二種類に分けることが、構築期間を短縮し、かつローンチ後の利便性・メンテナンス性も確保するうえでとても有効であると話しました。

実際に今回のプロジェクトで作成したワイヤーフレーム資料とCMSの入力画面を並べ、各項目がどのように対応しているかをご説明しました。

セッションの終わりには再び小山氏が登壇、実際にその場からダイハツ工業様の開発環境用CMSにログインし、トップページなどの更新操作のデモンストレーションを披露しました。

第3部 『ダイハツ「企業情報サイト」リニューアルプロジェクトの裏側 ~プロジェクトの成功の「鍵」はどこにあったのか?~』
スピーカー:ダイハツ工業株式会社 広報・渉外室 小林 宏至 氏

ダイハツ工業株式会社 小林様

第3部は第1部に続いて、ダイハツ工業株式会社の小林氏にリニューアルプロジェクトについて大きく5段階に分けて詳しくご紹介いただきました。

はじめに、情報交換を大切にされている小林氏より参加者同士の交流時間を設けていただきました。
ここでお話しされた方と後にメールのやりとりなど交流をされている方もいらっしゃるそうです。

次に、1段階目としてリニューアルプロジェクトの基本的な考え方についてご説明いただきました。
第1部でもお話しいただいた企業情報サイトの目的の他に、ブランディングやターゲット層に対する考え方などをお話しいただきました。

2段階目としては、リニューアル前の準備として他社分析の内容や自社分析などを行ったことをご紹介いただきました。
商品情報サイトと企業情報サイトのドメインを分離させることのメリット、デメリットなど小林氏がダイハツ工業株式会社の立ち位置を考えた結果、最終的にドメインの分離を選択されたというお話もありました。

3段階目では、コストダウンの方法や短い期間での公開ができた理由などをご説明いただきました。
必要な業務を洗い出し最適化し、内容移行をメインにすることによってコストダウン・短納期を実現させたとのことです。

4段階目では、リニューアル時の企業情報サイトでのKPIの設定やリニューアル時に工夫した点などをお話しいただきました。
小林氏は今回のリニューアルにあたって、Q(Quality)C(Cost)D(Delivery)という3つのKPIを設定されたそうです。
Qに関してはレスポンシブデザインへの対応やデータの移行、Cに対してはCMSでの運用内製化による経費削減、Dには公開日に滞りなく公開されるなどをKPIとしていたとのことです。
また、小林氏が行ったリニューアル時の工夫などもご紹介いただきました。

最後の5段階目では、コンテンツの拡充やヒートマップの利用などリニューアル後のPDCAとしてご紹介いただきました。

リニューアル前から実際に行っているリニューアル後の運用まで、段階に分けてたっぷりとお話しいただきました。

ご来場者様の声(会場アンケートより)

ご来場者様よりいただいたご感想を一部紹介いたします。

「ユーザ企業から直接お話を聞ける機会はなかなか無いので、とても勉強になりました。」
「今まさに自社サイトのリニューアルを検討中のため、ゴール設定や進め方が参考になりました。」
「ボトムアップ&スモールスタートの作戦がとても参考になりました。」

ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。
本セミナーに関する疑問点、その他Web周りでお困りのことがございましたらお気軽にお問い合わせください。