株式会社扶桑社

株式会社扶桑社

Numero TOKYO サイトリニューアル

  • 調査・分析
  • 企画・設計
  • サイト制作
  • CMS構築
  • 運用・更新
  • その他

SITE DATA

  • クライアント:株式会社扶桑社
  • 公開日:2008年2月
  • URL:http://numero.jp/
  • デバイス:PC
  • カテゴリ:ブランドサイト

Webサイトでブランド訴求し、ユーザー情報を取得

扶桑社の雑誌『Numéro TOKYO』のWebサイトは、従来、表面的な情報発信にとどまり、更新作業が煩雑という問題を抱えていました。

また、雑誌のクオリティを高めるために不可欠な読者情報の把握ができていませんでした。

WAN55は、読者にとってプレミアムなサイトにするために、

  • ■ 本誌読者の満足度を高める「本誌連動コンテンツ」
  • ■ サイトへのアクセス頻度を高める「サイト独自コンテンツ」
  • ■ サイトの特色を出し盛り上げるための「ユーザ参加(投稿)コンテンツ」

の3つを柱にしたサイトリニューアルを提案。

一部CMSの導入による更新の簡便化なども含め、2007年10月にリニューアルプロジェクトをスタートさせ、創刊1周年記念号発売日の2008年2月28日に公開しました。

本誌と連動のコンテンツとサイトオリジナルの展開で、アクセス増を実現

現在のサイトは、編集者のブログや雑誌発売と同時に更新される情報、会員制のメルマガ、Web限定でダウンロードできるスペシャルコンテンツなどを掲載。

コンテンツをアーカイブすることでサイト自体にボリュームが出ました。
これにより、読者の満足度は高まり、新たな読者の獲得にもつながっています。

実際に、新規サイト立ち上げと同時に販売された1周年記念号は、150%の売り上げを記録しました。

更新頻度があがったことで、アクセス数は増加。また、アクセスログの解析でユーザ動向の把握が可能になり、読者の興味などを正確につかむことができるようになりました。さらにアンケート機能を加えたことで、より具体的な意見を収集できるようになり、今後、Webはもちろん、誌面への展開、読者層にマッチした広告の獲得への貢献も期待されています。バナーや雑誌からのサイト誘因だけでなく、ブログパーツを配布することで口コミ的な効果も生まれています。

プレミアムなサイトとして、『Numéro TOKYO』のロイヤリティ向上につながっています。

その他の実績