足がつった時の対処法を調べてみた。

ライフハック

2015.07.16(Thu)

201507141802_2-600x400.jpg
こんにちは。最近よく足がつって目が覚めるWebデザイナーの櫻井です・・・。
みなさまは足がつったときにどんな対処をしていますか?

マッサージしてみる?
温めてみる?

いろいろな対処法を見聞きしてきましたが、まじめに調べたことがなかったのでこれを機にちゃんと調べてみました。

どうして「つる」のか?

つる、というのは筋肉痙攣(けいれん)の一種で、筋肉やその周囲の筋、腱が許容範囲以上に伸びてしまうことで起こる現象です。「足がつる」のは、足の筋肉が強い痛みをともなって、収縮・痙攣している状態です。
つる原因として、以下のようなことが挙げられます。

  • 運動不足
    日頃運動していないのに急に体を動かすと、筋肉に強い刺激を与えてしまい、筋肉が収縮してしまいます。
     
  • 筋肉疲労
    長時間の運動で筋肉が疲労したときも、筋肉や腱がうまく動かなくなってしまい、やはり筋肉が収縮してしまいます。
     
  • ミネラルの不足
    今の時期は特に要注意なのですが、汗をかいて体内からミネラルが抜けると、筋肉が疲労しやすくなり、つりやすくなります。
     
  • 冷え
    冷えることによって血行が悪くなると、体全体の筋肉が緊張した状態になり、つりやすくなります。ちなみに寝ると体温が下がり、同時に筋肉も冷えて血行不良となり収縮することから、体がつることがあります。
    私のように就寝中に足がつることが多い人は足を温めるようにしてみるといいかもしれません。

つったらどうするか?

つるときは筋肉が緊張しているし、まず痛いので体がこわばってしまいますが、できるだけリラックスすることが大事です。痛みがある箇所を押したりしてマッサージをするのは、筋肉や筋にダメージを与えてしまうのでやらないほうがいいそうです。まずは痛みを感じにくい角度を探してみましょう。そして、じわじわゆっくりのばします。冷えが原因でおきることなので湿布やスプレーで冷やすのは逆効果。温めるとよいとされています。

自分でやると変に力が入って別の部位がつってしまうことがあるので、できれば人にお願いして伸ばしてもらうのがベストだそうです。もし周囲に体がつってる人がいたら伸ばすのを手伝ってあげてください。

まとめ

私の場合、体がつったときはいつも痛いからゆっくり伸ばすことしかできず・・・でも対処としては間違っていなかったみたいですね。残念ながら即効性のある画期的な改善策は見つけることができませんでした。
しかし足がつるのは運動不足と水分不足と冷えが主な原因ということがわかったので、なるべく歩くなどして運動を習慣づける、水分をこまめにとる、体を冷やさないようにする。そういうことに気をつけて、つりにくい体作りをしていこうと思いました。