Google Play Musicも始まったけど、まだまだ「CDを借りたい人」に利用してもらいたいサービス

ライフハック

2015.10.02(Fri)

こんにちは。ディレクターのナカザワです。

以前にこのコラムで音楽ストリーミングサービスを紹介しましたが、 Googleからも同様のサービス「Google Play Music」がリリースされるなど、さらに注目度が上がっています。皆さんは何か利用しているサービスはありますか?

私は「Apple MUSIC」と「LINE MUSIC」を利用しています。 特に「Apple MUSIC」のリコメンド機能は、「新しい音楽」を知るきっかけになり、便利だと感じました。

音楽の聴き方の選択肢が増えたことには大変感謝するのですが、日本では始まったばかりのサービスということもあり、 「音楽ストリーミングサービスさえあれば、オッケー!」となるには、もう少し時間を要すると思います。

レコード、CDなどの物理メディアや、mp3などの音楽データが欲しいというユーザーはまだたくさんいると思いますし、私もその一人です。

こんなご時世ですので、小遣いを賢く使いながら、より多くの音楽に出会う方法の一つとして、「効率的に経済的に探しているCDをレンタルする方法」を紹介します。

おすすめのCDレンタル方法

「自宅」「職場」近くの図書館を利用しよう

まずは公共施設「図書館」でCDを借りることが出来るか確認しましょう。
無料でレンタルできる訳ですから、非常に経済的です。

また図書館によっては、ホームページ上で「予約」「貸出準備完了連絡」なども行えます。
たとえば千代田区立図書館の場合、 受け取る図書館の指定が可能。探しているCDがあるか事前にインターネットで検索し、図書館から「貸出準備完了連絡」をメールでもらってあとに取りに行くことができるので、非常に便利です。

TSUTAYA検索を利用しよう

図書館で欲しいCDが見つからない場合は、やはり日本で一番大きなレンタルチェーンの「TSUTAYA」がおすすめです。レンタル及びセル商品の在庫検索で、どの店舗に在庫があるかどうかを確認できます。

近くにTSUTAYAがないという方であれば、宅配レンタルサービスの TSUTAYA DISCASを利用するという手もあります。郵送の手間はあれど、在庫数には期待できそうですね。

マニアックなCDレンタル店も利用しよう

TSUTAYAで見つからない場合は、マニアックなCDレンタル店に行ってみましょう。

東京の話になってしまい恐縮ですが、神保町駅から徒歩3分、8万枚のレンタルCD&DVD在庫を誇るジャニスは特にオススメです。 レンタル料は1泊2日で「325円~」(一般会員価格)と決して安くないのですが、一般的なレンタルチェーンでは扱っていないような、マニアックな品揃えが魅力です。

ちなみに店舗内には検索機があり、詳しいスタッフの方がサポートしてくれます。圧倒的な在庫量だけでも、見る価値があるお店だと思います。

それでもレンタル出来ない場合は

見つからない場合は、諦めも肝心。世の中には、「レコードやデジタル配信でしか手に入らない」音楽も少なくありません。 もしお金で購入できるものであれば、アーティストに感謝の意を込めて、潔く購入しましょう!

おわりに

YouTubeを観ることが一般的になって久しいことから、
“音楽は無料で手に入って当然”と考えるユーザーが増えていると聞きます。
だからこそ「音楽ストリーミングサービス」という新しいサービスが誕生していると思うのですが、よりよい音楽が常にこの世に生み出されるためにも、 ミュージシャンはもちろん、音楽に関わる制作者・関係者の方に、きちんと収益が渡ると良いなと思っています。