• WAN55
  • コラム
  • 趣味
  • 行楽の季節にぜひ!「インターメディアテク」のご紹介

行楽の季節にぜひ!「インターメディアテク」のご紹介

趣味 その他

2018.03.30(Fri)

こんにちは、デザイナーの岡田です。
今回は、東京駅近くのオススメ施設「インターメディアテク」をご紹介します。

インターメディアテク(IMT)とは?

インターメディアテク(IMT)は、丸の内JPタワー内にオープンした日本郵便株式会社と東京大学総合研究博物館が協働で運営をおこなう公共貢献施設で、商業施設「KITTE」の2階、3階にあります。

INTERMEDIATHEQUE

どのような物を展示しているの?

以下の常設展示、特別展示やイベントが行われています。入口に、鑑賞の際の注意点(館内は撮影不可など)が示されていますので確認しましょう。

  • 常設展示

    東京大学が、1877(明治10)年の開学以来蓄積してきた学術標本や研究資料など、「学術文化財」と呼ばれるものを展示。

    常設展示『Made in UMUT――東京大学コレクション』

  • 特別展示やイベント

    東京大学における最先端科学の成果や各種表現メディアにおけるユニークな創造を、常設展示の世界観と融合させて展示。時期により展示・イベントが異なる。

    現在の展示・イベント

館内の雰囲気はどのような感じ?

入口は、2階、3階共にあります。入口付近には、2~3階に達する「マチカネワニ」の骨格標本が展示されています。
鑑賞無料ですが、とにかくその展示量に圧倒されます!2階は主に、鉱石、骨格標本、剥製などが展示されており、3階は主に、剥製、数学模型などが展示されています。

館内は基本「撮影不可」ですが、2階に一部「撮影スポット」があります。昔の学園を感じさせる雰囲気ですので、興味がありましたら、ぜひ記念撮影をしてみてくださいね。

なお、3階入口付近にお土産コーナーもありますので、帰り際に寄ってみては如何でしょうか。

まとめ

「インターメディアテク」、如何でしたか?
屋内施設のため天候に左右されず楽しむことが出来ますし、東京駅付近を散策したことがないという方にもオススメです♪