目覚めの良い朝を迎えるために・・・

ライフハック

2018.12.07(Fri)

こんにちは。佐藤です。

近頃寒くなってきてなかなかお布団から出れなくなってませんか?
もうちょっと、あとちょっとで二度寝して結局目覚めの悪い朝が続くとモチベーションもあがりませんよね。
今回はこれをしたら朝の目覚めがよくなった!という事をご紹介しようと思います!
※あくまでも個人の感想です!笑

1.太陽の光を浴びる

以前は寝室の窓は遮光カーテンをつけて光をシャットダウン!してましたが、これをしてしまうとなかなか起きることができません。
太陽の光はセロトニンという覚醒ホルモンの分泌を促してくれます。少しカーテンを開けてみてください。

2.起きたらコップ一杯の水を飲む

起きたらまず、コップ一杯の水を一気飲みします。これをするだけで、身体の中から起きる感覚がありますよ。
水は常温が飲みやすくておすすめです。冷えた水だとお腹を壊す可能性がありますのでご注意くださいね。

3.夕食は控えめに朝食をしっかりとる

夕食にお腹いっぱい食べてしまうと朝身体が重く、むくんでることも…。
夕食を控えめ(糖質が多いものを抜くとなお良い)にすることで、必然的に空腹で起きます。
また朝食をとることで、身体も元気にシャキッとする感じがしますよ。

4.冷水で顔を洗う

どうしても眠い!なにしても起きれない!そんな時は起きたらすぐに冷水で顔をバシャバシャ洗ってください。
(肌には悪いかもしれません。。)

まとめ

忘年会、新年会の季節になってきたのでなかなか起きれない日が続くと思いますが頑張りましょう!