【CMS構築】長年、蓄積してきたノウハウを活かし、お客様の運用に合わせて適切なCMS導入を支援。WAN55のCMS構築がWebサイトの企業価値向上を実現します。

サービス概要

Webサイトはオウンド・メディアと呼ばれるようになり、企業にとってますます重要なマーケティングのプラットフォームとなっています。またWebサイトの環境はマルチデバイス化、多言語対応、ソーシャルメディア連携、データ連携など急激に変化し、日々増加するコンテンツをスムーズに運用するためには、CMS(コンテンツ管理システム)の導入は必須となっています。

WAN55のCMS構築サービスは、お客様のWebサイトの目的や課題に合わせた最適なCMSの選定から、サイジング検討、構築、導入後の運用・保守まで、CMS導入プロジェクトの全工程をワンストップでトータルプロデュースするサービスです。

CMS導入をおすすめする企業様

  • マルチデバイス対応を行いたい
  • グローバル・多言語対応を行いたい
  • 複数サイトの管理を一元化したい
  • サイト全体の品質を保ちたい
  • サイト更新時のミスを減らしたい
  • サイトの運用・更新を自社で行いたい
  • 情報発信のスピードを速めたい
  • 複数人でサイトを管理・更新したい

サービス特徴

WAN55では、これまで規模が異なる様々なWebサイトにCMSを導入してきました。適切なCMSを適切に導入することで、お客様のWebマーケティングのプラットフォームを強力に支えることができます。多くのCMS製品によるWebサイト構築を通じて培った経験とノウハウを持つWAN55ならではの視点で、お客様のWebサイトの目的、課題に合わせた最適なCMSツールの選定から、導入後のコンサルティングまでCMS構築をトータルプロデュースいたします。

RCMS・WebRelease2・WordPress・MovableType・NOREN6・XOOPS Cube・Drupal・infoCMS・ecbeing

RCMSの特徴と詳細

WebRelease2の特徴と詳細

サービス詳細

CMS選定

CMSを導入するためには、Webサイトの目的、課題に合わせた最適なCMSツールの選定が重要です。しかしCMSには数百を超えるツールがあり、表示形式が動的であるのか、それとも静的であるのかという違いや、承認フローが細かく設定できるもの、できないものなどいろいろな特徴を持ち、それぞれが魅力的な機能を兼ね備えていることから、Webサイトの目的を実現するには、どんな機能やパフォーマンスが必要なのかを明確にした後に最適なCMSツールを選ぶ必要があります。単に有名であることや派手な機能がついているなどの理由で選んでしまうと、ツールありきの運用となってしまうため、期待したCMS導入効果が得られなくなってしまいます。

WAN55ではWebサイトで実現したいことを明確にした後に、それを実現するのに必要な内容・機能を持つツールをピックアップし、予算やスケジュールに合わせて、お客様にとって最適なCMSツールの選定をご支援します。

情報・テンプレート設計

CMSを利用したWebサイトの構築では、テンプレートの設計と制作が必須です。テンプレートの設計では、更新頻度やWebサイトで必要となる情報の粒度、既存コンテンツと新規コンテンツの整理と体系立て等、将来的な拡張性や自由度も考慮したうえで情報設計を行う必要があります。またマルチデバイス対応のWebサイトや多言語対応のWebサイトでは、デバイスごとに最適化された画面設計や、国ごとに独自コンテンツを掲載する余地を残した情報設計を行うことも重要です。Webサイトの情報設計はサイトの規模が大きくなるほど複雑化することが多く、それにあわせて不測のトラブルの可能性も高まります。Webディレクターが情報設計をドキュメント化してプロジェクトマネージメントすることでリスクを最小限に抑えた進行を実現します。

WAN55では多くのCMS構築・導入実績で培ったノウハウをもとに、情報設計をドキュメント化し、お客様のWebサイトの目的を実現するCMSテンプレートの設計、開発を行います。

コンテンツ登録・移行

CMSで構築したWebサイトは、ツールを導入して仕組みが整った後に、コンテンツデータを登録、もしくは既存サイトから移行する必要があります。大規模サイトの場合、コンテンツの登録・移行だけでも多くの時間とコストがかかります。移行するコンテンツの量によっては、サイト構築費の半分以上を占めることもあるほどです。また、もっともコストの差が出るのもデータ移行作業です。CMSツールによって、手作業でしか対応できないものからある程度機械的に取り込める仕組みを持っているものまで様々です。そのため移行に関する手法なども要件定義時にしっかりと定義する必要があります。

WAN55では数千ページのHTMLコンテンツのCMSへの移行や、CMSツール乗り換えプロジェクトで培ったノウハウをもとにコンテンツ移行計画を立て、数多くの情報データ入力、データ処理業務の自動化サービスの実績を持つ仙台データソリューションと連携して、スムーズな移行作業を実現します。

運用体制の整備

CMSで構築したWebサイトをスムーズに運用するためには、効率的な運用・更新を実現する体制やフローが必要です。Webサイト運用のスタッフ体制の構築やワークフロー、運用マニュアル、制作ガイドラインの整備などをシステムと平行して構築していく必要があります。また、運用開始後は実際に運用を行いながら、時には不測のトラブルを経験しながら、運用体制を徐々に最適化させていくという長期的な取り組みづくりが必要です。

WAN55では定例ミーティングによって運用の課題を洗い出し、改善策を探るというシンプルなPDCAサイクルを回すことで、Webサイト運用の仕組みづくりをご支援します。

サービス導入の流れ

CMS導入を成功させるには、ワークフローに沿ってプロジェクトを進行することが必要不可欠です。

ヒアリング、要件定義、仕様策定、デザイン開発、CMS開発、コンテンツ登録・移行、テスト、サイトオープン

CMS構築事例

お客様インタビュー

WAN55のCMS導入・構築サービスをご利用いただいたお客様の声です。

モランボン株式会社 お客様インタビュー

モランボン株式会社様

2度目のコーポレートサイトリニューアルをWAN55に依頼。CMS構築によるスマートフォンへの最適化、表示速度改善、更新作業軽減など課題解決プラスアルファの提案と制作内容を高く評価しています。

(商品開発部 部長 張替弘悦氏 商品開発部 広報担当 主任 藤田謙一氏)

詳しく見る

ザインエレクトロニクス株式会社

ザインエレクトロニクス株式会社様

コーポレートサイトのCMSをリプレイスしたことで更新作業の大幅な軽減が実現し、いつでも簡単に多言語でコンテンツを増やすことが可能になりました。

(戦略統括部 情報管理グループ マネージャ 川上大氏 経営企画部 法務・知的財産グループ 中尾有里氏)

詳しく見る